【Daz Studio4.10】日本古典の刀剣セット作成 日本刀 【3】

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Daz Studio Irayレンダリング Photoshop テクスチャ作成 マテリアル作成 作業記録

この記事は約3分で読めます。

Daz Studio4.9でセッティングする。

  • メッシュはAutodesk Maya 2014。
  • PhotoshopCS6でtexture作る。

  武器5点を一気に仕上げるので、一つのシリーズ記事にまとめます。  

 

シリーズ一覧記事。↓

前記事↓    

 

シリーズ一覧記事。↓

 現状確認。

フォトショファイルはどこかにあると思うんだけど

とにかく、

旧パソコンが壊れたから

買い換えたんであって

その壊れたパソコンからデータを移行してるから

その時にすでにファイルがなくなってたら

もうどうしようもないしね。

 

今、これ確認してるだけでも胸が悪くなってきたw

 

googleフォトで、パソコン内の全部の画像

バックアップしてから助かったんだよ。

ただそれもあの時点ではフォトショファイルは

保存してくれなかったからね……

 

 

 

とにかく、日本刀、しよう。

 

日本刀救出想定。
OBJファイルをみつける
それをDAZにインポートする。
マテリアルを当てる
 

ダメ → 修正。
オーケー → 槍の設定。
 

OBJファイルをみつける
OBJはここにあるはず↓

ここは、パソコンの時に、

真っ先にバックアップしたから大丈夫の筈。

 

ただね、トップフォルダごとバックアップしようとしたら

Mayaの差分保存が山ほどあったから

それを削除してからバッ

 

クアップしたのね。

 

あんな、『緊急事態』の時に

『ナニが必要か、不要か』の判断は

絶対にしない方がいい。

 

だから『大事なものはとにかく真っ先にバックアップ』なんだよ。

バックアップはEvernote。 | ポジティブにGTD

↑『天川和香』の別ペンネーム(晶山嵐)の日記ブログです。

 

 

たくさんファイルがあるな。

アルファベットで部品明書いてるのが、……

って、全部DAZファイルや!

 

一番新しいファイルをDAZで開く。

 

 

 

ちょっと期待したけど、シーンが空っぽだった!

やっぱり、OBJのインポートからだ。

 

↓該当フォルダ。

さぁ、『最新ファイル』はどれだ?

関連記事 UV習熟 | Create3D-3dCG制作作業日記 Maya | Create3D-3dCG制作作業日記 3d作成 | Create3D-3dCG制作作業日記 3d服作成 | Create3D-3dCG制作作業日記 3Dで髪の毛を作成する | Create3D-3dCG制作作業日記  

    エンジョイ! & サンキュー♪ 天川和香

 

   ↑これ、Maya買ったらなるべく早い内に読む方がいい。 モデリングのスタートダッシュが早くなる。  

モデリング講師の方が書かれているので、

  • 『天才』が書いた本で、『ここはぐーっとディティールを書き込む』とか
    • 『だから、そこをどう書き込むんだよ!!』みたいな
  • 『そこ、飛ばしたけど、そこが知りたいねん!』みたいな

そういう、曖昧模糊とした所がない。

 

  • 『なぜできない』のか?
    • 『どうやったらできる』のか?
  • 初心者がどこでつまずくのか?
    • それをどうやって解決するのか?
  • プロでも、独学でしていたら気付かずに苦労しているのはココ。
    • こうしたら、初心者でも、プロ波のツールにできる!

それが、具体的に書かれているので、すぐに初心者脱出できます。

 

基本はマヤを使っていますが、

モデリングの基本はブレンダーでも流用できる『考え方』です。

 

私が初期に買ったのは下記の6冊。

Maya スタジオプロジェクト Dynamics - Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)[digital]TEXTURING & PAINTINGMaya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)Maya 3D スーパーテクニックAutodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! - 

 


[digital]TEXTURING & PAINTING

テクスチャを自分で作るなら、

これも読んだ方がいい。

映画のテクスチャとか作っている人の本。

はっきり言うと、精神論なんだけど、

『リアルなテクスチャを作るなら、ここまでやるんだ?』という

『プロの最高峰』が見える。

 

別に自分が最高峰にならなくても、最高峰を知っておくことは重要。

この人も天才だから、私には意味不明のところがあったけど

それ以外の『理屈』ははっきり書かれている。

 

『理屈から入る』人には最適。

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。