Carraraのダイナミックヘアーはタイムラインでどう動くのか。

3d 他ソフト 3Dいじり 作業記録 動画作成

この記事は約2分で読めます。

Carraraのダイナミックヘアーを、

キーフレームごとにスタイリングして、それの動きが記録できるなら、

シミュレーションなんて面倒臭いことしなくても、使える。

 

検証。

130506_D9292

ゼロフレームの髪の毛。

 

ドレープで下ろした髪。

 

130506_D9293

 

1秒のところで、

130506_D9294

 

顔を逸らす。髪の毛が腹から突き出してくる。

130506_D9295

 

そこでモデルルームに入ったら、髪の毛が元に戻った!

130506_D9296

 

もう一度この体勢でドレープを作る。

130506_D9297

 

結果。

ゼロコマもこの髪形になりました。


つまりは、コマごとに手作業でスタイリングしたのでは、使えない、ということ。

 

ダイナミックヘアーをその都度、オブジェとして書き出すのでもいいんだけどな。

とにかく、タイムラインで使えればいい。


これ、スローで再生しているけれど、メッチャ速い。

そして、この、ものすごく舞い上がる原因は、時間を考えずにポーズをとったからではないかと気づいた。(笑)

 

タイムラインは、↓この範囲で七秒なんだけど

130506_D9298

最初のポーズを着けるときに、ゼロコマのすぐ隣の1コマで首を前に傾けさせてしまった。

つまりは、超高速で首を前に傾げたことになるから、こんなに髪が舞い上がるんじゃないかと思う。

 

なので、今度はゆっくりと体を動かしてみた。

左肩から後ろを振り返っているシーンです(笑)

前髪切ってからしてやれよ(笑)

 

とりあえず、予想通り、動きが速かったから、髪がものすごく舞い上がったみたい。

 

けど、もうちょっと動きを重たくしてほしいんだな。

こんな、サテンみたいにひらひらしてくれなくていいんだ。

アジア系黒髪はもっと重たい。

 

それと、前髪カールセットとか、全部駄目になるんじゃないのかな。

 

どこかにその設定無いのかな。

 

しかし、これが数分のシミュレーションでできるってのがスゴイな……(驚愕)

 

 

とりあえず、カラーラのdynamicヘアが面白いってことはわかった!

 

Daz Studio4.5のaniMateで一連のポーズを作って、

カラーラで髪の毛をつけてみる。

そして、服とかも全部ダイナミッククロスにできるので、

プロップの中華服を着せて服もダイナミックスに動かす。

 

やっと着々と前進し始めた!

嬉しい♪

 

がんばる!

 

<

p>2013_05_06(月) pm06:30

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。