Dazだけの処理で、裏面に別マテリアルを当てたい場合。【二分でできる!】

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio Daz Studio 中級講座 シリーズ最初 チュートリアル

この記事は約3分で読めます。

Daz Studio4.8だけで、メッシュの表と裏に別マテリアルを着けたい場合。

 

他に方法はあるのかもしれませんが、私はこうやりました。

↓このマントが、表は黒、裏は花柄。

20150817_154037

 

ジオメトリシェルを使う。

Daz標準添付の無料ツールです♪

20150817_00Create3D4902

裏面を作りたいメッシュを選択して、↑ジオメトリシェルを設定。

 

今回は、服が全部一つのメッシュなので、それ全部にシェルが掛かります。

ジオメトリシェルは、Surfacesごとに不可視にできます。

20150817_00Create3D4903

 

20150817_00Create3D4905

シェルを選択。

 

↓マント以外をオフにする。

20150817_00Create3D4904

↑このチェックを全部オフにするのが、この作業で一番面倒(笑)

一気に全部オンオフできないのかな。

ここで一分半使う。

 

シェルは太らせることも痩せさせることもできますが

今回は標準が太らせるので、マントの表面をシェルに設定。

 

  • シェルに黒い色を設定。
  • 服メッシュのマントに花柄を設定。

 

シェルを不可視にするとこうなる↓

20150817_00Create3D4907

 

シェルをつけると↓こう。

20150817_00Create3D4906

プレビューでは他の部分にもシェルが掛かっていてぼんやり透けていますが

 

レンダリングには影響しません。

20150817_154037

オーケー♪

 

シェルはメッシュにずっと追従してくれますので

服にポーズモーフを着けても問題ないです♪

 

 

失敗談

マントだけをMD4で書き出して、

Dazで少し縮小して設置してみたけど、無理でした。

 

失敗談2

これはトニーカムの漫画レンダリングなのですが

↓シェルを設定すると↓変な黒い線が描画されました。

20150817_00Create3D4897

 

普通レンダリングでは問題なし。

20150817_00Create3D4898

 

トニーカムは、トニーカムを設置したあとから

メッシュやアイテムを加えるとへんなレンダリングをすることが多いです。

ですので、この時も、シェルを設置した後でトニーカムを削除。

もう一度トニーカムを設置することで、綺麗にレンダリングできました♪

 

 

ジオメトリシェルでこんな効果も出せます♪

↓金色のワンピースにシェルをかけて、シェルにレースを設定。

 レースを被った豪華なドレスが簡単にできます♪

【Daz Studio4.5】Simple EleganceとSheer Greatnessで豪華ドレスを作る。 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

↓この服のメイキングは、15年10月4日からこのブログでupします。全11回。

20150817_154037

↓この服の色替えと改変。

和泉守兼定の服を作る | Create3D-3dCG制作作業日記

 

 

Dazだけの処理で、裏面に別マテリアルを当てたい場合。【二分でできる!】

でした♪

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2015/08/17 17:55 】

保存

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。