Daz Studioしか使わないのならばいらないファイル。【Daz Studio4.6】

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio Daz Studio 基礎講座 作品制作以外 作業記録

この記事は約2分で読めます。

Daz Studioしか使わないのならばいらないファイル。

DAZ Install Managerで↑のように表示されるファイルがある。

 

一体どれが必要なのかわからなくて、全部インストールした。

 

コンテンツライブラリのプロダクトで確認。

130603_D1041

 

これはPoserファイル。

130603_D1042

 

これはDAZ最新ファイル。

130603_D1043

 

これはDAZの昔のファイル。

130603_D1044

 

DAZ Install Managerで確認。

 

これはPoser。

130603_D1045

 

これがDAZ最新。

130603_D1046

 

これがレガシー。

130603_D1047

Poserとレガシーはアンインストール。

これで、Daz Studioが軽くなる。

 


これ、今後もDSだけ入れればいいとか、そういう問題じゃないのが問題。

 

Daz Studioに『.ds』ファイルしか無い場合があるかもしれないから。

↑これは、Poser形式が実ファイルで、Daz Studioファイルはスクリプトで色がえができるとか、そういうもの。

ドリームホームを全部出す 1【Daz Studio4.5】 | Create3D←こういうこと。

 

それがわからないから結局全部入れたんだけど、とりあえず三つ合ったら、CFはいらないんだな、ということはわかった。


問題勃発。

cf ファイルを全部見ていたら、こういうのがあった。

130603_D1048

これ、Poserファイルが無いと使えない。

 

けど、Poserファイルも無い……

130603_D1049

更新しても読み込まれない。

 

プロダクトライブラリで見たら、DAZ Install Managerに対応になってるんだけどな。

130603_D1050

 

DAZ Install Managerに、Poserを読み込む設定にしたら出てきた。

130603_D1051

『PS』ってついてないのは、Daz Studio用ファイルが無いものっぽい。

五つほどあったので、目視で拾ってインストールした。

 

 

今、インストール済ファイルのファイル構成を確認して、

dsしか無いファイルはPoserアイテムを読み込もうかと思ったけど

あるのはわかってるんだから、Daz Studioでアイテムが必要になったときにやればいい、と止まった。

 

使うか使わないかわからないものに今時間を掛けなくていい。

DAZ Install Managerがある限りは、すぐにインストールできるんだし、急がなくていい。

 

 

カタログ作成に入る。


 

 

 

 

 

 

今日も一つ賢くなりました。

 

 

Enjoy!

 

2013_06_03(月) am06:36

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。