LookAtMyHairで長髪ストレートを作る。3 【Daz Studio4.5】

3Dいじり Daz Studio メイキング 作業記録

この記事は約7分で読めます。

Look At My Hairでセットしやすいように

シェイブグループを作る。

平面で考えていると邪魔臭いので、3dで直接、予定を書き込んでいく。

PhotoshopCS6Extendedを使う。

 

------------------------

以前、GenesisをOBJで書き出していたものをShadeで開き

頭だけにして保存。

それをPhotoshopCS6Extendedで読み込む。

 

Photoshop作業。

130331_D3392

 

 

130331_D3393

 

 

130331_D3394

どのみち3Dワークスペースは必要なので『はい』にする。

 

PhotoshopでOBJファイルが直接開く。

130331_D3395

初めて見たときはちょっと感動した♪

勿論、PhotoshopBridgeでも、OBJは形が表示されます。白黒だけど。

 

 

普通に描画できる。

130331_D3396130331_D3397

化粧とか超楽♪

 

 

 

パートは16なので、まず、スウォッチに16色作る。(そこから?!)

130331_D3398

↑赤い囲みの左の白二つより左側しか普段使ってない。

白を境界線扱いしている。真ん中の茶色と紫は

アントニオの胸毛とスカイハイの服の紫。

 

 

130331_D3399

 

先程の、これを参考に、直接頭に塗っていく。

 

ライトを下げないと、正面が明るすぎて色が見えなくなっていた。

130331_D3400130331_D3401

 

色がつかないなー……と思ってた。

130331_D3402

 

わざわざPhotoshop使ってまでやる必要はなかったように思う(笑)

PhotoshopCS6Extendedはこんなことできますよ、ってデモンレーション(笑)

6にバージョン上げてから、まだ3d使ったことなかったから。かなり勝手が違う。

 

 

130331_D3403130331_D3405130331_D3406

まぁ、2Dで考えていると、前髪サイドの黄色が、

サイドビューでどこまであるのかとかわかんなかったので、よしとする。

(いや、もうちょっと綺麗に塗れよ、って話)

 

前髪の両サイドのピンクがかなり後ろまで来てるのね。

こういうのは、平面で考えてると気づかない。

 

 

今、頭の中にこの言葉が駆け回ってる。

『「できません」は誰でも言える』

誰かの言葉なのかな。

 

多分、この超面倒臭い作業から私の脳が逃げようとしているのを

私の脳が必死で引き止めてるんだろうな(笑)

実際、さっき選択範囲が作れなくなったときまた投げそうになった。

Daz Studio4.5再起動させたらいいんじゃない?

って思いつかなかったら投げてた。

 

とりあえず、再開した私に乾杯。

がんばる。

 

私がしたいことのためだから!(握り拳)

 

Garibaldiは、今のところ、作った髪形の書き出し方法がわからない。(OBJ以外)

Garibaldi Express Hair System For DAZ Studio 連携技【Daz Studio4.5】 | Create3D

書き出し方法はありました。ただ、この時点では知らないので、無いと思って制作しています。

 

他の人に使えない髪は使い勝手が悪い。

そして、サイトの完成が遅すぎる。

サポートもバージョンアップも無い可能性がある。

メール出したら返信はすぐいただけたので、サポート体制は万全!

 

早く、ガイドサイトを完成させてください。

その部分がわからないんだから!

 

 

Look At My Hairは、すでにリーダーがあるように、

他のフィギアにも簡単に移植できる。

こっちで髪を作った方が、後々の展開が開けている。

 

ただ、Look At My Hairでこれだけ足踏みしているのを見ても判るように

Garibaldiはスタートダッシュが早い。

 

LAMHは一度投げ出したけど、Garibaldiはそんなことが無かった。

作ったあとの問題があるから、LAMHの検証をしているだけ。

できるならGaribaldi使いたい。

 

他のフィギアの髪に使うことを考えず

一枚レンダリングのための髪の毛や、他のフィギアで使うことを想定しないのなら

Garibaldiで作ってしまった方がはるかに簡単。

 

Garibaldiの操作性がLook At My Hairにあったら言うことないのに……

二人で協力してツール作ってくれないかな。

 

Look At My Hair、まだ始まってさえいないよ。

タイトルが『長髪ストレートを作る』なのに(笑)

 

この範囲でシェイブグループを造ってる。

130331_D3407130331_D3408130331_D3409130331_D3410130331_D3411130331_D3412130331_D3413130331_D3414130331_D3415

あれ? 前髪のサイド、別々に登録してるっぽい。

 

サイドの髪は、右と左、同じ場所を同じグループで登録していく。

130331_D3416130331_D3417130331_D3418

 

今、恐ろしいことしてた。

130331_D3419

さっき、ShadeとPhotoshopを開くためにDaz Studio4.5を終了してたんだけど

Look At My Hairのウインドウ閉じてなくて、

再開したときに、Daz Studio4.5を起動せずに、

開きっぱなしのLook At My Hairのウインドウで作業続けて、セーブした。

 

さっき、選択範囲のロードができなかったので確認しようとしたら

ダイアログが出て、DAZ起動していないことに気づいた……

 

Daz Studio4.5を起動して、フィギアを呼び出して選択し、

Look At My Hairでロードしようとしたけど、やっぱりできなかった。

 

Look At My Hairをとりあえず終了させて、もう一度起動する。

 

良かった! シェイブグループ、ロードできた!

130331_D3420

メッチャ安心した。

これができなかったら、毎回この面倒臭い選択範囲作るとか冗談じゃない。

 

Genesisなら誰でもこの選択範囲を呼び出せるなら、やりがいがある。

というか、一度Look At My Hairを呼び出したら、

Daz Studio4.5は終了させてもセーブができる。

 

その分、Daz Studio4.5のメモリいらないんじゃない?

 

あ、Garibaldiと同じ検証ついでにしておこう。

■検証

  • タイムラインで使えるのか。
  • 書き出したらどうなるのか。

 

プリミティブの円柱で検証。

130331_D3421

 

DAZに書き出す。

130331_D3422

 

デフォのまま。

130331_D3423

 

 

タイムライン、5コマ目で揺らす。

130331_D3425

 

上書き。

130331_D3426

結果はGaribaldiと一緒。ゼロコマからこのポーズになる。

 

検証結果、タイムラインではそのままでは使えない。

------------------------

検証 書き出し。

 

Look At My Hairのファイルをエクスポートする。

130331_D3428

 

OBJになるらしい。

130331_D3429

普通にセーブしたファイルが出力ファイルになります。

拡張子lmh。

これが、プレイヤーで授受できます。

 

ノータッチで出力。

130331_D3430

 

ノータッチの入力。

130331_D3431

 

あれ? 毛が全部ポリゴン化しているわけでは無いらしい。

130331_D3432

 

130331_D3427

 

 

容量は軽い。

130331_D3433

 

モーフローダーで読み込んでみる。

130331_D3434

 

130331_D3435

 

できなかった。

130331_D3436

 

『レンジ』で長さを変えてるとポリゴン数が違うらしい。

130331_D3433

 

私の勘違いだった。

 

インポートしたLook At My Hairポリゴンに毛髪が見えていたのは、

他のLook At My Hairのポリゴンが見えていたのであって

130331_D3439130331_D3440

 

それを不可視にしたら、ただの円柱しか無かった。

130331_D3441130331_D3442

 

円柱しかないのに、サイズが変わるとはこれいかに。

 

とにかく、公式サイトのダウンロードでもわかるように

lmhの拡張子でないと、ファイルの授受はできないらしい。

 

モーフローダーも使えないわけだから、モーフも作れないっぽい。

ファイル自体は軽いから、なびいた元と先のを作れって話なんだろうね。

 

こうして髪が簡単に作れるツールが出たら

髪がなびく動画作りたいやん?

私だけ?

 

そのツールはほしいなぁ。

モーフが作れるようにしてほしい。

 

 

別アイテムで読み込むんじゃあ、

5コマの動画に5つの髪の毛を作らないとアニメーションにならない。

 

Garibaldiは細かいセーブ出力ができないから無理っぽいけど

Look At My Hairはコマごとの書き出しは対応できる。

Photoshopで髪の毛を作ることを考えたら、できない労力ではない。

 

 

 

とにかく、シェイブグループ作成に戻る。

 

 

 

次。

LookAtMyHairで長髪ストレートを作る。4 【Daz Studio4.5】 | Create3D

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。