Marvelous Designer 3とDaz Studio4のCollada連携。

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio Marvelous Designer チュートリアル

この記事は約2分で読めます。

Marvelous DesignerにGenesisをアバターで読み込み、それを初期設定にする。

 

Marvelous Designerでアバターを書き出す。

Marvelous Designerアバターの女の子をOBJで出力。

『DAZ』設定で書き出す。

20140411_D  Create3D 0553

Daz Studio4でアバターを読み込む。

20140411_D  Create3D 0554

Genesisなど、服を作りたいフィギアをロード。

 

Marvelous Designerアバターと、同じポーズにする。

20140411_D  Create3D 0555

Colladaで書き出し。

設定はテキトーです。

また、不具合が出たら直します。

 

Marvelous Designerに
GenesisアバターをColladaでインポート。

20140423_D  Create3D 0062

 

関節を表示させると、

20140423_D  Create3D 0063

 

ちゃんと、ポイントが緑になっています。

20140423_D  Create3D 0064

ポイントをクリックするとギズモが出てきてポーズを取らせることができます。↑

 

Marvelous Designerにアバターとして保存。

このGenesisをアバターとして保存。

20140412_D  Create3D 0572

 

Genesisを読み込んだだけの

この空っぽ(パターンの無い)ファイルをプロジェクトで保存。

20140412_D  Create3D 0573

 

ユーザー設定で

20140412_D  Create3D 0574

 

↓このプロジェクトファイルを指定。

20140412_D  Create3D 0575

すると、次に起動した時に、

このGenesisアバターのファイルで開くことができます。

 

パターンとかもイチイチ削除しなくていいので快適♪

 

 

 

Enjoy!&Thank you♪

2014_04_12(土) am08:27

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。