Marvelous Designer 4とDaz Studio4.7の連携での注意点?

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Marvelous Designer エラー チュートリアル 作業記録

この記事は約2分で読めます。

 

Marvelous Designer 4でモーフターゲットを使って気づいたこと。


↓モーフターゲットで手を上から下、下から上、とか大きく動かしたとき

なぜか、手の末端が縮小される。

20150110_00Create3D3281_thumb20150110_00Create3D3282_thumb

↓DAZでは手は小さくなっていない。

20150110_00Create3D3290

逆に、シェイプで手のひらを大きくしている。

 

 

↓これも、左のポーズから左手を下げ、右手を上げる時に、手の末端が小さくなってる。

20150110_00Create3D3283_thumb20150110_00Create3D3284_thumb20150110_00Create3D3285_thumb

 

 

↓手を曲げたときに末端が小さくなったから

 袖が手を抜けてしまい、

20150110_00Create3D3286_thumb20150110_00Create3D3287_thumb

ポーズが終わったときに袖が無茶苦茶になった。

 

↑修正が面倒くさかったので、ゼロポーズからやりなおした。

↓これも、末端が小さくなってる。

20150110_00Create3D3288_thumb

 

それでナニカ引っかけたのか↓服の袖の黒いフチ部分が正常にならなかった。

20150110_00Create3D3289_thumb

これも、ゼロポーズからやりなおした。



20150110_00Create3D329020150110_00Create3D3281_thumb

上記画像でわかるように

Daz Studio4.7で『シェイプ』で操作すると、

Marvelous Designer 4では不具合が出るのかもしれない。

 

腕が小さくなってしまうというのは致命的な欠点なので

(袖が抜けてしまう)

20150110_00Create3D3287_thumb

 

こういう結果になった場合は

DAZでのポーズをそのまま使わず

Marvelous Designer 4での服モーフ作成ポーズ、として

別ファイルを作って、キャラクターシェイプ以外のシェイプをゼロニして書き出すのがいいかもしれない。

 

 

エンジョイ! & サンキュー♪

2015/01/10 16:54

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。