MD5→D|Sで服を作る時の注意 2016/01/08

3Dいじり
3Dいじり 3Dを自作する Daz Studio Marvelous Designer チュートリアル 作業記録

この記事は約5分で読めます。

Marvelous Designer 5でDaz Studio4.8用の服を作る時の注意。

 

マイフィギア用の服を作って、それをDaz Studio4.8で使う場合。

体型が違いすぎると、ちょっとした不具合が起こるので、その修正方法を記します。

 

MD5服をD|Sで使う場合の設定方法はこちら↓

【Daz】マイフィギアの服から基本フィギアの服を自動で改変する方法【5分でできる】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

Daz Studio4.8では、読み込んだOBJを『服(髪)』などに設定するために

トランスファーユーティリティ というツールを使って『変換』します。

服にフィギアのボーンを自動で仕込むツールです。

 

服などもモーフを作るのは、モーフローダープロ というツールを使います。

どちらも無料で初期添付プラグインです。

 

体型の違うフィギアの服を設定する場合。

↓左が基本フィギアのGenesis 2 Male、右がマイフィギアの蜻蛉切(とんぼぎり Tonbogiri)さんです。

20160108_00Create3D1087

Genesisシリーズからは、

  1. 基本フィギア用に服を作って、
  2. マイフィギア用の服モーフを作成します。

大体は、オートフィットで修正をしないものですが、

これだけ筋肉がついていると自動でフィットさせると不格好なので

マイフィギアで先に服を作ります。

 

↓この方法でGenesis 2 Male用服を作るのです。

【Daz】マイフィギアの服から基本フィギアの服を自動で改変する方法【5分でできる】 | Create3D-3dCG制作作業日記

そのさい、体型が違いすぎると、ちょっとした不具合が起こるので、その修正方法を記します。

 

前説明

蜻蛉切のフィギアに、服をインポートしただけ(服設定していない)の状態。

20160108_00Create3D1086_thumb

服は、ただのOBJです。

 

蜻蛉切モーフのGenesis 2 Maleに前述の方法で服設定をしたらこうなります。

20160108_00Create3D1084_thumb

同じ体型なのに、所々ほつれています。

 

蜻蛉切モーフを抜いたGenesis 2 Male

20160108_00Create3D1088

スゴク綺麗な服にはなりませんが

マイフィギアでしか服を使わない場合はこれで十分です。

 

Genesis 2 Male用にも綺麗な服を作りたい場合は

MD5でシュリンケージで型紙を拡縮して作った方が綺麗です。

MD4でシュリンケージを使う場合の方法↓

【Marvelous Designer 4】型紙を変えずに服のサイズを変更する。 | Create3D-3dCG制作作業日記

Daz用に服を作る場合。【備忘録】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

↓シュリンケージを使った場合の作業記録など一覧。

シュリンケージ | 検索結果: | Create3D-3dCG制作作業日記

 

着物の場合、服設定をしても、ポーズごとに無限にモーフが必要なので

私は服設定せずに、OBJのままレンダリングをしてしまいます。

 

↓こういうしちめんどうくさい服は、服設定せずに、服モーフだけ作って、レンダリングする。

20160108_00Create3D109620160108_00Create3D1097

服設定してしまっても、どうせ自動ポーズで作られたメッシュはつかいものにならないから。

↑この場合は髪の毛も、髪設定せずに、OBJのまま、ポーズモーフをつけてる。

 

↓こういう服なら、『服設定』してしまって、ポーズに自動追従するメッシュをDAZに任せて作ってもらって十分だけど

【刀剣乱舞】お風呂事情 勇者狸1 by 晶山嵐 on pixiv

↓こういう服は、服設定すると手間だけがかかる

和泉守兼定の着付けシーン捏造。 by 晶山嵐 on pixiv

和服は、基本的に服設定するのは諦めた方が精神安定がいい。

 

ただ、ウェイトマップを巧いことつけるとか、ボーンを別に入れると、使い物になるとは思う。

配布するならそうすればいい

自分で使うだけなら、MD5でその都度服モーフをとってきた方が早い。

 

今回は『たすき掛け』の服を作ったので、

これなら、服設定した方が、服モーフを取りにいかなくていいんじゃないか、と思ったので

服設定をしている。

20160107_00Create3D106020160107_00Create3D1061

服設定をつけてから、たすき掛けモーフを仕込みます。

 

再モーフローダープロする。

↓蜻蛉切モーフ付きGenesis 2 Male

20160108_00Create3D1084_thumb

所々ほつれたこれに、元の服をもう一度モーフローダープロして

その服モーフを設定すると綺麗になります。

 

※この時の注意。

Genesis 2 Maleに着せたまま、服モーフを作らない。

20160108_00Create3D1089

Genesis 2 Femaleに蜻蛉切モーフを付けているから体型は一緒の筈なのに

蜻蛉切に着せて服モーフを作ったときとは微妙に仕上がりが違います。

ですので、Genesis 2 Maleから蜻蛉切に服を着せ替えてから、

服モーフを設定します。

 

着せ替える

現状↓Genesis 2 Maleが服を着ています。

20160108_00Create3D1090

 

『フィットツー』で着せ替えます。

20160108_00Create3D1091

 

↓Genesis 2 Maleから蜻蛉切に

20160108_00Create3D1093

 

蜻蛉切に服が自動で移動しました。

20160108_00Create3D109520160108_00Create3D1094

 

ここで、最初のOBJを設定すると、当初作った通り

マイフィギア用の綺麗な服になります。

20160108_00Create3D1086_thumb

 

この時点で↓こういうモーフが作成されています。

20160108_00Create3D1098

一番下の『zero』以外は、自動で作られたものです。

 

MD5→D|Sで服を作る時の注意 2016/01/08

Genesis 2 Maleに着せたまま、服モーフを作らない、

でした♪

 

エンジョイ! & サンキュー♪

【この記事を書いた日 2016/01/08  6:22 】

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。