PhotoshopCS5 Extendedの3d描画を使ってみた。

3Dいじり
3Dいじり Daz Studio Daz Studio 基礎講座 Photoshop メイキング 作業記録

この記事は約8分で読めます。

キースさんを複写して、アントニオを作る。

アントニオ・ロペス TIGER&BUNNY – Google 検索

1203000290.JPG

キースさん、髪の毛が多いからか、頭大きく見えるので

もうちょっと頭を小さくしようかと考え中。

アニメの人なんだから、もうちょっとプロポーションよくていいよね。

1203000291.JPG

 

ちょうど頭一つ分高くする。……と、身長は197センチになった。

アントニオは身長の公式設定が無いので、これで行く。

自然と、彼より高いファイアーエンブレムは二メートルを越えることに!

197センチったら、マイク・ベルナルド氏より四センチも高い!

(ご冥福をお祈り申し上げます。 来年から、バレンタインデーは氏の命日)

1203000292.JPG

 

サーフェイスで肌色を変える。

メキシコ系のかたなので。

1203000293.JPG

 

仲良く二人でそっぽ向き。 1203000294.JPG

触ってる間ずっとカメラ目線されるとしんどいので

キューピーちゃんよろしく、よそを向いて貰っているため。

 

体型を整える。

1203000296.JPG

 

ウエストも太いガッチリ系。

1203000298.JPG

 

あと、二人で並ぶことがあるので、 腹筋の形とか、胸筋の形とか、変えられる限りは変える。

キースさんの胸骨の谷間を無くしたいのね……

ガッチリ系は胸骨がでるけど、ムッチリ系は胸骨が出ない

その設定が見つからない。

 

みんなガッチリ系筋肉になっちゃう。

そこらへんもHexagonで直したい。

 

あと、この胸筋と腹筋の形はどっちも気に入らない。

とくにアントニオとかは、左右の筋肉が違ってるといいと思う。

喉仏もつるっとじゃなくゴリッとしてほしい。

 

あと胸毛がいるんだけど、これはあとで。

まだ髪の毛のカテゴライズしてないので

どこに何があるかわかんないので検索する。

1203000299.JPG

 

暫時、ウエットヘアーに。

1203000303.JPG

 

目を黒く変えて、顔をごりごりっとしたのに変える。 1203000304.JPG

 

眉毛を先に変えろって話だけど まぁ、角度は似たようなものなので、

顔を作ってから。 頬骨の位置を中央寄りにしたい。(今は無理)

 

BLだから鼻細いんじゃなくアニメでもこの人鼻細い。

というか、主要キャラで鼻大きい人居ない。

キースさんが一番大きいのかな、もしかして。

 

顏の中央をへこませると、いい感じになった気がする。 1203000305.JPG

 

鼻が長いから低く見えるけど、センチメートルで測ると、そんなに低くない。

---------

備忘録メモ

顎は、横に張らずに奥に張りたい。

前からみると、そこまで四角じゃないけど 横から見たらがっつり顎が角張ってるって感じ。

実際、この人そういう顏の設定されてる。

__________________________

 

PhotoshopCS5 Extended作業

---------

objで書き出してPhotoshopに読み込む。

---------

髪までついてきた……

1203000564.JPG

 

髪って、縁が着いてるんだ?

1203000565.JPG

↑眼球が瞼からはみ出していることに、かなり長いこと気付かなかった。

 

眼球って、頭の大きさを変えたときに、追従してくれないんだろうか。

顔の中央を潰したから、眼球が出たのかな。

それと、目を中央寄りにしたんですよね。

それで眼球が出ちゃったのかなぁ。

 

パラメータ移動しなきゃいけない……

 

テクスチャのプロパティ。何のことだか今は意味不明。 1203000566.JPG

 

 

とりあえず、書いてみる。

1203000567.JPG

つか、ここまで拡大するのがまず大変だった。

 

この、拡大縮小回転をもっとスムーズにできないもんか。 なんでこんな難しいん?

どこかに設定あるのかな。

 

髪の毛が邪魔です。

1203000568.JPG

obj書き出しやり直し。

髪のobj削除できたのかもしれないけど、面倒だったのでやりなおした。

1203000569.JPG

 

髪の毛は無しで。

眼球のはみ出しに、まだ気付いてない。

1203000570.JPG

 

とりあえず、顏のテクスチャに書かなきゃいけないよね。

1203000571.JPG

どのテクスチャを選んでも顏に描くことはできる。

レイヤーを作ることもできる。

 

この『描く』ってのが、 『普通にPhotoshopで描く』のと同じ感覚。

スゴイ。

1203000572.JPG

 

とりあえず、金髪の眉毛を消す。

1203000573.JPG

 

正面から触れるところしか変更できないので こめかみの辺りは回転が必要。

これがかなりめんどい。

慣れたら楽にになるのかな。

 

これに比べたら DazStudioとかPoserとかのカメラ移動って超簡単。

1203000574.JPG

 

横も消す。

1203000575.JPG

 

今考えたら,ツールの変更より、角度の変更の方がめんどいんだから

角度ごとに消して書いてすりゃよかったんだわ。

 

一応、全体的に消して、全体的にアタリを入れて、全体的に仕上げてしまった。

 

 

眉のアタリを入れる。

1203000576.JPG

 

書き込んでいく。 1203000577.JPG

 

前から見てもいい感じにしていく。この角度変更が邪魔クサイ。 1203000578.JPG

 

アイラインも入れていく。 1203000579.JPG

 

下瞼のボコボコがまさか眼球だとは考えていないので、そのまま書いてる。 1203000580.JPG

 

 

目の化粧が驚く程簡単! これは、角度調節のめんどさを凌駕する。

でも、角度調節は腹が立つほど面倒。

1203000581.JPG

 

多分、全身出力したからだと思うんだ。

 

中心が足元にあるから、角度をつけると、顏があっと言う間に画面から無くなる。

 

グローバル座標とかローカル座標とかあるのかな。

つか、マニュアル読めよ。

フォトショのマニュアルってどこに置いただろう。(キョロキョロ)

 

この時は、頭だけの出力方法を知らなかった。

シーンで、頭以外を消してobj出力すればいいんだよね。

次はそうする。

 

それで回転が簡単になったら、これはもうテクスチャ天国♪

いい感じの目元。

でも、二重まぶたの内側には触れない……そこを黒く塗りたい。 1203000582.JPG

 

二重まぶたの下を塗りたいんだけど あまりに回転が面倒なので挫折。 1203000583.JPG

 

テクスチャを直接開く。

二重まぶたとか、超簡単に作れてるしっ!感激っ! 1203000584.JPG

 

眼球がはみ出しているがための塗りムラ。(でもこの時は理由がわかってない) 1203000585.JPG 二重の内側とかは、このテクスチャで真っ黒にしてしまえば、 自動的に3Dも更新されます。

 

大雑把に3Dで描いて、 超細かいところはテクスチャを直接いじる。

 

 

かっこいいじゃないですか、アントニオさん。

眉毛の立体化とかは、一度DazStudioで確認してからね。 1203000587.JPG 1203000588.JPG

 

いい男でゴワス!

1203000589.JPG

 

私の好み的には、もうちょっと眉毛をガーッツリ太くしたいけど

これぐらいの太さなので。

1203000590.JPG

 

このとき初めて、眼球がはみ出ていることに気付く。

パラメータで移動させた。大丈夫なんだろうか。

 

つかなんでずれたんだろうか。

1203000591.JPG

 

ああ! 目を小さくしたから、相対的にはみ出たんだ? (日記を書いている今気付いた)

とりあえず、暫時完成。

 

またちょこちょこ手を入れていくでしょう。 1203000592.JPG

 

1203000593.JPG

 

一番近い髪を買って来た。安売りしてなかった……(T-T)

1203000613.JPG

 

もっとこう……頬骨をシャープにしたいなぁ。

頬の肉は落としてみたんだけど、頬骨が思ったように出ないのよねぇ。

 

んで、もっと口でかいな。

私が参考にしてた絵がムーっておちょぼ口になってただけだった。

口がでかくなると、もっとかっこよくなると思う。

せっかく買ってきたけど、やっぱりこの人の髪も作るか……

彼らをエロシーン以外で動かすとなると、やっぱり服が必要なんだ。

 

今んとこ、そのまま使えそうなのは無いので改造が必要になる。

それが面倒なので裸で動かそうとするとエロシーンばかりになる。

エロの無い話のプロットもたくさん立ってるので とっとと服を作っていきたいと思う。

 

つか、望みのアイテム全部揃えたころには飽きてないか心配(笑)

 

まぁ、作ったアイテムと、アイテム作成のスキルは上がるからいいけど。

 

十年ぐらい前からShade持ってても ずっとアイテム作成には使わなかった。

(掃引だけで作れるような小物は作ってたけど)

萌えって凄い力だと、本当に最近思った。

 

私が、髪の毛作るようになれるとは……

↓この髪の毛。自作。

DazStudioで目の色の調整37.JPG

遠景だと十分♪

どんな角度にしても、なんかふわっふわっとしてるので morphで動かすことも無いのに

なびいているようにも揺れているようにも見えてラク。

 

作り直ししたいんだけど、(瞼に髪が刺さってたりするから) なんか後回しにしている。

 

五月の締め切りが終わったら、ちょっとのんびりできるので それまでのガマンっ!

それが終わったら、ひちがつの締め切りまでに スカイハイスーツを作って

虎徹とイワンとアントニオの髪の毛を作って

服を選んでカスタマイズする!

 

あと虎徹の前スーツも仕上げる。

そしてひちがつの締め切り終わったら夏コミ原稿だっ!

 

その後は冬まで無いから、またのんびりできる♪ 今度はオリジナルも手を出していきたい。

六角大王Super6  Win版さし絵スタジオ2トータルパック優待版 Win版 を買ったので

また勉強が増えました。 あと、漫画作るなら、クリップペイントも覚えなきゃね。

(コミックスタジオがバージョンアップした……別ソフトになったので覚え直し)

ギャグ漫画で使うなら、挿絵スタジオのキャラを六角大王で作った方が簡単そう。

 

改変だけで済むんだろうし。

Hexagonの操作にうろうろしてるし。

六角大王簡単だっていうから期待してる。

 

 

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。