Shadeで眼鏡作成→Poser、Daz Studioに読み込む。

3Dいじり
3Dいじり メイキング 作業記録

この記事は約9分で読めます。

PoserやDaz Studioで自作キャラを作り
キャラをレンダリングして
それをコミスタで配置して
ストーリー漫画を作ってみよう企画。

第3弾!

---------

バーナビー 六角眼鏡 – Google 検索

とりあえず、アニメの『タイガー&バニー』ってのの
バーナビーを作ってみようと思いたった。

アニメっぽい、カクカク目を作ってみた。
アニメの、目尻のしわっぽいものを涙袋と解釈して再現。

なんかがまんできなかったので
もう一度実写系で作り直した。

厚化粧のおばさん出現。

ここまで顔を作って、疲れたので、休止してる間に、
キャラなんて、小物と髪形さえあってればいーんじゃないかと。
どうせ、アニメ絵をリアル3dにしようとした時点で
現物とは違うんだから、と

じゃあ、眼鏡と髪形決まればえーやんっ!

ごめんなさい そして ごめんなさい | POZAKI
↑こちらのサイトでこの絵を拝見したときは
タイバニ知らなかったのでスルーしてましたが
そういや六角眼鏡、Poserであるんじゃんっ!
と、探し回ったけど
見つからなかった……

なので、

とりあえず、バーナビーの六角眼鏡を作ってみよう!


実際に六角眼鏡を手製されているメイキング↓

『TIGER & BUNNY』バーナビー・ブルックスJrの「六角眼鏡」作り方|Paphos

そしてなんと!

Poser形式の六角眼鏡を配布して下さっているサイトさん↓
Arc’s Pinup Studio あのメガネについて。

今年の8月11日アップ!↑
私が六角眼鏡を探しているときにはすでに
ダウンロードできていたっ!

なぜ見つからなかったのか……
(ストアばっかり探してたから)

ありがたくダウンロードさせていただきました。

でも、このサイトさんを見つける前に、すでに作っていたので
とりあえずメイキングをアップ。
(前置き長!)

初めてShadeで小物作って、Poserに読み込んだ苦闘(笑)
始まり始まり。

_____________
Shadeで小物を作る何の基礎も無いので
とりあえず模倣から入る。

Poserにいただいたサングラスをobjで出力してShadeで読み込む。

11111Shadeで眼鏡作成→Poser、Daz Studio00.JPG

サングラスだからか、真ん中から曲がってる。
普通の眼鏡は曲がってないけど
漫画で眼鏡を書くときは、横顔にも眼鏡を描写するし
アニメでもそうなっているので
この角度で作ってみる。

11111Shadeで眼鏡作成→Poser、Daz Studio01.JPG

さて、六角形をどうやって書こう……

Shadeのパスでカカッと作ればいいんだろうけど
自分の作図を全然信用してないので
わざわざイラストレーターでパスを作った。

だってイラレだと、多角形が一発で作れるから。
11111Shadeで眼鏡作成→Poser、Daz Studio02.JPG

へい六角形!

形を眼鏡っぽくつぶしてみる。

アニメを見る限り、バーナビーの眼鏡の上辺と下辺が平行なのか違うのか
がわからなかったので実在の六角眼鏡を参考にして、
目尻側をちょっと広げてみた。

Shadeに読み込む。

なんかたしか、Shadeは下絵をクリックできないショートカットがあったはず!
(myShade(1)の時の記憶なのでおぼろげ)

“Shade検索”Wiki – Shade8.5のショートカットキー一覧

パートの名前に『~』をいれればいいらしい。

鼻抑えを作る。

眼鏡の弦を作る。

サングラスにレンズの角度を合わせる。

弦の幅なども合わせる。

Poserに読み込んでみた。
good!

弦とレンズをつなぐ金具。

自由曲面パートを作ってレンズを入れて厚みを出す。

全部、自由曲面で作ってみた。
(今考えたら掃引すれば良かった)←すっかり忘れてた。

Poserに読み込むと、
一番重要なガラス部分が不可視。

上からは見えてる。

これはあれだ。アレ。
Shadeは『ふたをする』ってのがあるので
レンズの前がふたされてない状態なんだ。多分。

↓したからもレンズは見えてる。

ある意味、縁無しガラスなんだからこれでもいいんじゃないかと思う。

マイケルに掛けてもらおうと読み込んでみたら
眼鏡でかっ!

とにかく縮尺を合わせて顔に掛ける。

うん、いいんじゃないの?
どうせ漫画(トゥーン)の下絵でラインがとれればいいんだから。

あ、表面材質何もつけてなかった!

眼鏡をガラスにしてみる。

ガラスの設定って?

昔買ってたShadeの素材集をあさる。
(これら全部、コミスタでも読み込めるすぐれもの!)

森の道具箱2にガラスの表面材質入ってました。

うん?
ガラスなのか、見えてないだけなのかわかんない。

今考えれば、
下絵レベルでいいっていってるんだから
ここで止めても良かった。

アイテムが見にくいので後ろに壁を作ってチェックを読み込んでみた。
(『背景』があることをこの時はまっったく忘れてた)

_____________
漫画絵に使うので、横顔にしたときに目が隠れないよう
眼鏡の尻を延ばす。

_____________
ガラスの確認
_____________
Shadeで球を作って、表面材質をガラスにしてPoserに読み込んでみる。

球は真っ黒だけど、レンズは透明。
これはどういう状態?

とりあえず、ガラスはうちの現時点では
Poserには読み込めない模様。

シムズの素材でも、透過させるのは難しかったようなので
そういうものだろうと、眼鏡をガラスにするのはあきらめた。
(今後も探すけど、とりあえず今はいい)

となると、
漫画の下絵として、
眼鏡のフチをすぐにとれるようにしないといけない。

角度が変わったら、どっちかの縁が見えないとかは困る。

全部黒にしてみた。

位置合わせが毎回面倒くさい。

_____________
枠を作る
_____________

そうだ。
掃引ってのがあったな。(ようやく思い出した)

パスを『記憶』させて『掃引』。
以前やったとき、10回に一度しか成功しなかった。

パスの始点の傍に掃引させるパスを置いて、掃引。

おう!
一度でできてしまった!なぜだっ!
なぜ今までできなかったっ!

偶然かもと思い、もう一度やってみたけどできた。

本当になぜ、今までできなかったんだ?

黒にすると背景差で見にくい。

自動画像のチェックを灰色にすることができるんだ!
(本当に、このレベルでShade知らないんですよ)

多分、もっと細くないと『ガラスだけ眼鏡』の下絵としては、邪魔だと思うけど、一応確認。

ガラスっぽく、縁を白にしてみた。

いつもこんな感じで読み込まれてます。
ここからマイケルの顔に縮尺してます。

あれ?白くない。

Daz Studioにも読み込んでみた。

見えてる見えてる♪
でも、弦が消えてる。

Dazで読み込めたのはこの一回きりでした。

眼鏡を左右対称に作った時は、もう読み込めなかった……
(この時は気づかなかったけど、
読み込めてはいたけれど、オブジェが見えなかった。
ファイルの中には存在してた)

↓『分割眼鏡』が右目だけ。『名称未設定』は両目あるのでファイルサイズが違う。

このせいで読み込めないかと思ったのですが
もっと大きなサイズの髪の毛とか読み込めているのでそれは無いはず。

しかも、前回読み込めていた定規も
ファイルをまったくいじっていないのに
読み込めなくなってました。

ダズの設定は一切いじってないのに……

PoserでできてるのにDazではできない。
しかも、昨日はできていたのに今日はできない。

ダズめんどくさい……(泣き言)

ジェネシスはPoserに書き出せないらしい。
バーナビーはジェネシスで作ったので
Dazに読み込めないと意味が無いんだけど……

この時点で、
Dazのジェネシスをobjで書き出してShadeに読み込んだら
存在は確認できました。
モーフもボーンも無くなってるけど。
(しかも、全身一つのパーツに入ってる……(T-T)

最悪、Dazで顔を作ってShadeに書き出して
Shadeでなんかくっつけてレンダしてもいいや、と。
(それがどれほど難しいことか、この時は無視した)

_____________
とりあえず初志貫徹のために、眼鏡は作っておく。

なぜか眼鏡が黒い。
枠だけの筈なのに。

枠を掃引した時のパスが残っていて
それにも黒を設定したからでした。
そのパスを捨てると、わ
_____________

漫画の下絵に使うなら、これぐらいの太さでいい。

この時のスクショが残っていないのですが
アタリがあればいいだけのガラスの枠に『円』の掃引を使う必要は無いだろうと。
パスを二つ組み合わせて十字にしたものを掃引して枠を作っています。

うぉっ!

後ろの壁も一緒に書き出したらしい。

両目作ってみた。

両耳に弦がちょうどかかるってのが難しい。

頭皮より外側、耳寄り内側なんてピンポイントに拡縮しなきゃいけない。

マイケルにかけられるサングラスを下絵にさせてもらってるんだから
読み込んだときのどどーんと拡大さえ無ければ
こんな手間は不要なのに……
どうにかできる筈なんだけど。
どうしたらいいか現時点ではわかんないので毎回繰り返す拡縮。

作るより拡縮してるほうが時間が長い。

レンズの色を黒にしてみた。
この方がいい。

このまま出力しても、漫画絵で使えそう。

いや、白も綺麗だ。(笑)

弦が髪の毛で隠れるの前提なら
このままカラー表紙にも使えそう。

光の加減で色が違う……

これは光のせいではなく
パートをコピーしたときに、左目用パートのガラスに白を設定しなかったから。

↓Shadeで書き出すときにこの設定で書き出してます。
どうしたら、Poserでサイズが揃うんでしょう。

面倒くさくなったので、このあと、Shade12を買いました。(今まではShade10.5だった)
そのうち、32ビット面倒くさいとかいって、マシンも買い換えるだろうな……
ドスパラの70万円のパソコン……

次は
_____________

最後にもう一度リンク(笑)

Poser形式の六角眼鏡を配布して下さっているサイトさん↓
Arc’s Pinup Studio あのメガネについて。

---------
3Dいじり | 晶山嵐子の日記
うちの日記も一応のっけときます。

目標は、Daz Studio4で自分のキャラを作って
それを出力してストーリー漫画を作ること、ですので
Daz StudioやPoserだけで仕上げることは考えていません。

3Dソフト→Photoshop→コミックスタジオかillustratorで仕上げ。
---------
勝手によそさまリンク
---------
操・活・解
操・活・解 DAZ Studio 4
↑のカテゴリの一番最初に、Daz Studio4のいん

Daz Studio3やらPoserやら
非常に専門的な考察実証のサイト。
ポリゴンを直接いじるようなプラグインの解説がメイン?

専門的すぎて私はまだ理解できませんが
わかるようになったらいいな、と毎日見てます。
---------
肉丸の『ど~んとやってみよう!』
DAZ Studio 4.x β を弄ってみる!! その3: 肉丸の『ど~んとやってみよう!』
Daz Studio4の初心者向けチュートリアル。
服を着せる、髪をかぶせるはオーケー!

---------

その他の晶山嵐子のメイキング

たまもの前ボーイズ 表紙メイキング
コウジさんとテライユキちゃんがモデル。

果てに見る夢 表紙メイキング Poser→フォトショップ
コウジさん二人に中華風着物着せてます。

photoshop&Poser 『危険な系譜 9 理想の世界3』 表紙メイキング
バストショット。コウジさんから美青年に書き換え。

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-Poser編

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-3Dマイホームデザイナープロ編

『無防備な合い鍵』の表紙メイキング-photoshop編
コウジさん二人、テライユキちゃん一人がモデル。(全員男ですが)

凌辱系(少年のいけない全裸)

危険な系譜 秋谷修矢2 表紙メイキング

危険な系譜 秋谷修矢2 表紙メイキング 2
ベン君がモデル。

まだDaz Studioでは表紙作ってません。

コメント

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。